自然とのふれあい「木育」

あきしまだい幼稚園では、保育室の木質化や、さつまいもの苗植えから芋掘り

木で作られた園庭の遊具や、室内の遊具など自然とのふれあいを大切にしています。

施設設備のページや、行事の内容を記事にしているあきしまだいダイアリーもご覧ください。

「木育インストラクター」「保育ナチュラリスト」の両資格を持った職員いるなど

特に自然とのふれあいや木育にも力を入れています。

木育とは?

木育とは、子どもをはじめとするすべての人々が『木とふれあい、木に学び、木と生きる』取り組みであり、子どもの頃から木を身近に使っていくことを通じて、人と、木や森との関わりを主体的に考えられる豊かな心を育むことです。

【心身を健やかに保ち、思いやりと優しさが育つ】
いつでも木にふれられる環境を整えることは心や体を健やかに保ち育みます。 木は長時間かけて育ち長く使える素材。時間の経過とともに愛着など人の営みとの深い絆を生み出し、人や自然を大切にする思いやりを育むきっかけとなります。

【感性や社会性を高める】
木のぬくもりや扱いやすさ、命の営みの体感、森林を舞台とした遊びなど、存分に想像力や創造性を発揮できる場や機会を提供することで、感性や社会性を育むことの大切さに気づくきっかけとなります。

【森林や環境に対する認識を高める】
森林や木材が循環利用可能な再生資源であることなどの認識を持つことの土台となり、ゆくゆくは地球環境保全につながります。