タイム&コーナー

じっくり取り組む ・ とことん遊びこむ環境設定

運動や表現活動の環境設定のひとつとして、専門講師による「タイム」を、子どもが自分の意志で行動し、好きなことに取り組む設定として「コーナー」を設けています。
幼児期の子ども達の育ちは子ども達を取り巻く環境が最も重要でその環境が子ども達を育てていると言っても過言ではありません。子ども達がどんな環境の中で過ごすかと言うことはとても大事なことです。

※ タイムやコーナーは年齢別の発達段階に応じて設定しています。

プールタイム

一年中泳げる室内温水プールでの水遊び。あきしまだいの専任コーチたちの指導の下、水の楽しさ、怖さも学びます。

体育タイム

基本的な走る、跳ぶ、スキップといった運動を重点にし基礎的な体力作りと自分の体の動きを知ることをねらいにしています。だんだんと敏捷性やリズム感などを養い、縄跳びや飛び箱、鉄棒、マットなどの運動遊具に触れ、みんなと一緒に体験しながら学び合います。運動することが大好きになります。

絵画タイム

絵画や造形表現の指導は、感性の発達と道具の使い方など技術面の習得の二つの側面があります。絵画タイムでは、芸術家の先生から、幼稚園教諭とはちょっと違う角度のアドバイスやうれしい評価をもらって、子どもたちの表現する意欲、関心を高めていきます。

音楽タイム

子どもたちの笑顔が大好き、いつも元気なカムジー先生の鳴らす楽器の音や歌声に心躍らせて、身体が自然に動き出します。子どもたちはリズム遊びが大好き。そして音楽が好きになっていきます。運動祭でのリズム表現や文化祭での合唱など、多くの表現がみんなが音楽大好きになるところから始まります。

自分で選んで思いっきり遊ぶコーナー保育「フライデーコーナー」

ふだんのクラスの保育ではなく、園内に数々設定されるコーナーの中から自分の好きな遊びを選んで一日じっくり、思いっきり遊ぶ「フライデーコーナー」の日。
好きなことにじっくり取り組むことと同時に、異年齢で遊ぶいわいる「縦割り保育」の要素を含み、クラスを超え、学年を超えたお友だち同士で会話がはずみ楽しい時間になります。