もちつき会

日本の伝統行事のもちつき

あきしまだいでも毎年もちつき会を開催しています。

どうやっておもちができるのか、予習はばっちりしてきました。

 

いつも食べているお米との違いや

どんな風に変化しておもちになるのか

先生のお話や見本を触ってみたりしてお勉強しました。

 

おもちのつきかたは手遊びでみんなで楽しみながら

覚えて練習してきました!

 

実際に炊く前のお米を見ると、ふつうのおこめだね~?とか

なんでこれがおもちになるの~?とかみんな興味津々でした。

 

15分ほどで炊きあがったお米をつぶしながら練って

そのあと、みんなが想像するおもちつきです!

この行程がとっても力が必要で大変なので

力持ちのパパたちにがんばってもらって

子供たちは「よいしょー!よいしょー!」と応援団です!

 

子供たちも小さな杵でお餅つきを体験しました!

小さくても子供たちにとっては、重くて大変で

「パパはやっぱりすごい!」なんて声も聞こえてきました(*´∇`*)

お友達の応援をしている姿も見られました。

 

できあがったおもちは、お雑煮とあんこをつけて食べました!

お餅を食べたことがない子も「おいしい!」と大満足でした。

 

鏡餅も作ってもらって今年も大成功のお餅つき会でした!

ご協力いただいたお父様お母様、ありがとうございました。