もうすぐ完成

あきしまだい自然園(仮)もそろそろ完成が近づいてきました

いつまで(仮)なのかと思う方もいるかもしれませんが

正式名称はまだ決まっていませんので当分はこのままだと思います。笑

今の状況を上から見るとこんな感じになっています。

真ん中のお山と大きな穴は完成したときにはなくなっていると思いますが

完成にはかなり近づいてきました。

遅くても夏休み明けには一面緑になった状態で遊べるようにはなりそうです

木もさらに増えたのでまた紹介したいと思います。

まずは入り口付近にある3本です

     クチナシ          ナナカマド        トキワマンサク

クチナシは不思議なにおいがする白い花が咲きます。ナナカマドは実は街路樹などでもよく使われている木でこれも白い花が咲きます。秋にはとても綺麗に紅葉するので是非じっくり見て欲しい木です。トキワマンサクは花がとても特徴的です。表現しにくい形ですので実際に見てもらいたいシリーズの一つです。

     クヌギ            りんご          白樺(しらかば)

続いてはこの3種類です。クヌギはカブトムシ探したければこの木を探せ!くらいに虫の寄りつく木としては有名ですね。ちょっと変わったドングリのような実も付くので楽しい木です。
りんごはりんごです。大きくなるまでには時間がかかるとは思いますが食べられる実が付くのが楽しみです!
白樺はシラカンバとも呼ばれています。幹が白いからこの名前が付いたのだとか

     アセビ           ユーカリ          藤(ふじ)

藤は藤棚など聞いたことはあると思いますとても綺麗な花が咲いて雰囲気の良い木です。
ユーカリは日本では見ることはないかもしれないですが動物園などでは見るかもしれないですね!ユーカリはコアラが大好きでよく食べます。
最後はアセビです。感じだと馬酔木と書くのですが
「馬」が葉を食べれば毒に当たり、「酔」うが如くにふらつくようになる「木」という所から付いた名前であるとされる。
らしいです。草食動物にとって毒となる成分があるようですが人間にはどうなんでしょうか?
食べてみるのはおすすめできないですね。

早くお庭を開放できるように頑張りますのでもう少しお待ちください!